高血圧

父から教わって飲んで、肝機能がよくなった!

高血圧

 人間ドックで検査をしてもらったところ、肝機能の数値が全体的にあまりよくありませんでした。また、高脂血症の症状が認められ、検査の判定のランクはDでした。そういえば、思い当たることがなきにしもあらずで、寝起きや夜などにしばしばだるいときがあり、またお酒がずいぶん弱くなったと感じることがありました。

 そこで、肝機能低下、高脂血症の対策として、きなこヨーグルトなどを多くとるようにしました。さらに、以前、父が前立腺ガンと診断されたとき、「紫イペの高濃度エキス」を飲み始め、「紫イペは、肝臓をはじめ、いろいろな病気に効力があるんだよ」と話していいたことを覚えていたので、私も父にならって飲むことにしました。

 私のいまの状態では少量でいいだろうと思い、そして就寝前に飲むのが効果的と聞いていたので、「紫イペの高濃度エキス」を寝る前に3粒、コップ1杯の水を一緒に飲用するのを日課としました。

 これといった大きな変化は感じられませんでしたが、飲み始めて34カ月が過ぎた頃、だるさを感じることがなくなり、二日酔いにもならなくなり、そしてお酒を飲み過ぎた翌朝もすっきり起きられることに、はたと気づきました。

 そして1年ぶりの健康診断では肝機能の数値がよくなっており、また高脂血症の判定も前回のDからBになりました。これもすべて「紫イペの高濃度エキス」を教えてくれた父のおかげです。「紫イペの高濃度エキス」はやっぱり効果があるんですね。親子でお世話になったうえでの実感です。

 

岡山県在住 岡村 賢三さん(54歳)