高血圧

コレステロール値と血圧が正常化。体調も良好です

高血圧

 成人病検診でからだの不調が見つかったのは、平成7年のことです。そのころは、商売が忙しいうえに、孫の相手もしなければならず、疲れても休む暇さえありませんでした。

 夜の11時を過ぎてようやく横になったときには、もうクタクタ。そんな生活がしばらく続いていたのです。検診の結果、総コレステロール値が250あり、血圧も最大血圧が150、最小血圧が95と、少し高くなっていることがわかりました。

 また、尿検査の結果、血尿が見つかりました。さらに胃潰瘍も発見されたのです。血尿と胃潰瘍は、明らかに過労が原因だといわれました。

 コレステロール値を下げる薬と胃潰瘍の薬を出され、医師からは、「半年後に、もう1度、検査を受けに来てください」と指示されました。ところが、毎日2錠ずつ薬を飲んでいたにもかかわらず、半年後の検査では、コレステロール値が270と、さらに高くなってしまいました。このまま薬を飲み続けるのもどうかと思い、「何かいい方法はないだろうか」と考えていたときです。知人が、紫イペエキスのことを教えてくれたのです。2年前のことでした。

 さっそく、紫イペエキスを取り寄せ、朝、昼、晩と13回、飲むようにしました。病院の薬も飲み続けました。そうして、毎日欠かさず紫イペエキスを飲むようになってから、からだの調子がぐんぐんよくなっていくのが実感できました。

 まずそれまではからだが重く、だるくてしかたなかったのが、うそのように軽くなりました。また、朝、目が覚めても疲れが取れずに、なかなか起き上がれなかったのが、シャキッと起きられるのです。それに胃の調子もとても快適です。

 何より驚いたのは、毎朝起きてすぐに、立派なお通じがあることです。私は便秘ぎみだったので、気持ちよくお通じがあるなんて、信じられない思いでした。

 そして、一昨年(平成10年)の4月のことです。病院に検査を受けに行ったところ、コレステロール値が180に下がっていたのです。それに、血尿も見つかりませんでした。血圧も最大血圧が110、最小血圧が79と安定していました。

 肝機能や腎機能、糖尿病、心電図などの検査も受けました。その結果、医師から「どこにも悪いところが見当たりませんよ」といわれ、私はほんとうにうれしくなりました。それ以来、あまりにも体調がいいので、しだいに病院に行く気持ちが起こらなくなってしまいました。

 平成11年の8月以降は薬も飲んでいません。そのぶん、1回に飲む紫イペエキスの量を増やしました。朝、昼、晩に各2粒飲むようにしました。そのせいか、体調はますます良好です。

 

大沢 静子さん 滋賀県蒲生郡(62歳・女性)