その他の病気

11.1もあったヘモグロビンA1cが紫イペの飲用でほぼ正常な6に!腎臓にできた腫瘍も縮小した

その他の病気

 血糖値が270 ヘモグロビンは11

 私がアマゾンの薬樹エキスである紫イペを飲みだして2年以上が経ちます。そもそも飲み始めたきっかけは、血糖値の改善のためでした。

 現役時代は体に悪いところもなく、どちらかといえば健康自慢のほうでした。ところが、会社を辞めてから、体のあちこちにトラブルが起こるようになったのです。歳のせいもあったのでしょうが、仕事をやめて緊張感もなくなり、体を動かすことも少なくなったせいだとも思います。

 トラブルのなかでも、とくにやっかいだったのが糖尿病です。平成12年の8月の時点で、血糖値が256、ヘモグロビンA1c 11.1もありました。

 何か自覚症状でもあれば栄養指導にそった食事もがまんできたでしょうが、体に異常はまったく感じていませんでした。自分では健康なつもりなのに、医師からはきつく血糖値を下げるようにといわれる毎日…。

 食事制限もおろそかになりますし、運動もがんばってできない。ストレスはたまる一方です。おまけにいくら必死になって薬を飲んでも、懸念の血糖値は下がらないのです。

 検査で腎臓に腫瘍が発見された!

 そんな日々が6年間も続き、あきらめかけていたときに出会ったのが、アマゾンの薬樹エキスである紫イペでした。

 たまたま手にした健康雑誌に、アマゾンの薬樹エキスである紫イペの記事が掲載されていました。記事には、さまざまな病を克服した体験者さんたちのことが載っており、「こんなに効果が高いのなら、ぜひ、私も飲んでみたい」と思ったのです。

 紫イペという存在を知って、勇気百倍!「これからは、紫イペとともに糖尿病と闘っていくぞ」と決意した矢先、恐れていたことが現実となってしまいました。長年にわたって高血糖だった私の体が、ついにはっきりと異常を起こしたのです。

 医師のすすめで腎臓のCT検査をしたところ、腫瘍性の病変を疑う結果となってしまったのです。

 不安におののきながら、東京のがんセンターへ行き、さらに詳しく調べました。すると、結果はやはり黒。私の腎臓には腫瘍ができており、ガンの疑いもありました。医師からは「手術が必要です」といわれました。若いときだったなら私も手術をしたかも知れません。でも、80歳近い今、手術のせいで体が弱まり、かえって寿命を縮めることにもなりかねません。

 それに私には紫イペがあります。効果を信じ、手術をせずに紫イペを飲んでがんばってみよう!と、決意したのです。

 

 腫瘍が縮小し、血糖値も100

 最初の検査から数えて3カ月後に行った検査では、とくに変化はありませんでした。でも6カ月目の検査では、腫瘍がとても小さくなっていることがわかったのです。検査結果を見た医師によると、「この程度の大きさなら腫瘍とはいえない」とのこと。「何で腫瘍が小さくなったんだろう?」とたいへん不思議がっていました。私は、「これは紫イペの効果だ!」と確信しました。

 当初の目的だった血糖値の改善にもめざましい効果がありました。現在、血糖値は100前後に低下し、ヘモグロビンA1c6程度に落ち着いています。

 なんと体重もすんなり減りました。63.5㎏から54㎏に。10㎏近くものダイエットに成功したのです。

「健康づくりには紫イペがいちばん!」そう思って、毎日欠かさず飲み続けています。

 

長野県在住 小林 久男さん(78歳)