その他の病気

1ヵ月に1~2回あった「狭心症」の発作がなくなりました

その他の病気

 2年前のある日のことです。出勤途中に胸が苦しくなり、冷や汗が吹き出しました。途中で電車を降りて胸の痛みが治まるのを待ってから出勤しました。それが最初の「狭心症」の発作でした。昨日の飲み過ぎがたたったのかと思いましたが、いくら二日酔いでも胸が痛むことはなかったので、念のため病院に行き診察を受けると、狭心症と診断されました。

 それからというものは、胸の痛みが月に1~2度起こり、その発作が2~3分間続きます。そのときのために病院からニトログリセリンが処方されていました。医師に酒とタバコをやめるようにアドバイスを受けましたが、なかなかやめることができませんでした。それだけでなく、ストレスの多い仕事なので、ついつい暴飲暴食もしてしまいます。そのせいでからだも太り気味で、コレステロール値も高めでした。医師には「このままの生活を続けていては、いつか心筋梗塞になりますよ」とおどかされました。とはいえ仕事をやめるわけにもいきません。

 困ったなあと思っていたときに、妻に「紫イペの高濃度エキス」を飲んでみるようにいわれました。私の病気を心配して、いろいろと調べて見つけてきてくれたようです。妻の気持ちがうれしくて、素直に飲んでみることにしました。

「紫イペの高濃度エキス」を1日3回、1回2粒ずつ飲みました。それから生活習慣も改めようと、意を決して1日40本以上吸っていたタバコを20本に減らし、お酒も週に2日は休肝日をつくり、毎朝2㎞離れたとなりの駅まで歩くようにしました。問題はストレスでしたが、週末はできるだけ家族と外出してリフレッシュするようにしました。

「紫イペの高濃度エキス」を飲み、生活習慣を改めてから、2ヵ月ほどで狭心症の発作があまり起こらなくなり、半年たった現在では完全になくなりました。体重が2キロばかり減って、病院の検査でも、高かったコレステロール値も正常になりました。体調もすごくいいので「紫イペの高濃度エキス」にとても感謝しています。やればできるとばかりに、今度は禁煙に挑戦しようと思っているところです。

 

大熊秀勝 東京都中野区(48歳・男性)

118