肝臓ガン

ガンの進行がゆるやか!ガン細胞も縮小

肝臓ガン

 私の肝臓に巣くうガンは相当しつこいようです。手術をしてガン細胞は取り除いたと思いきや、再発。病院での治療だけでは不安でいろいろな漢方薬を試していたのですが、再々発。なんと頑固なことかと、治療に挑む気持ちも萎えてしまいました。

 そんな落胆する私を娘が心配してくれ、紫イペの高濃度エキスを見つけてきてくれました。もう何を飲んでも同じじゃないか。そんなあきらめの気持ちが一方にありましたが、できることならこんなやっかいな病気とは無縁になりたい…。その思いで13粒を毎食後1粒ずつ飲むことにしました。

 しかし、1ヵ月後の検査ではやはり、進行が認められたのでがっかりしました。やっぱりだめか…。そんな心を見抜いたかのように、娘は紫イペの高濃度エキスの量を倍に増やしてみてはといいます。「そうか、その手もあったか」。意気消沈している私には、そんな簡単なことも思い浮かばなかったのです。紫イペの高濃度エキスの量を19粒に切り替え、3粒ずつ毎食後飲むようにしました。

 それがよかったのか、次の血液検査でガンの進行がゆるやかになっていることがわかったのです。希望がみえてきました。そのまま飲み続けるとさらに進行がゆるやかになり、そして進行が止まったのです。詳しい検査の結果ではガン細胞も縮小しているといいます。

 いま、希望はどんどん膨らんでいます。病院には2週間に1回通院していますが、以前にはあった体のだるさも取れて、普通に生活しています。何年にもおよぶガンとの闘いで、普通に生活できることのありがたさをかみしめています。

 

大分県在住 上野 正男さん(66歳)