肝臓ガン

「肝臓ガン」の腫瘍マーカーが軒並み下がりました

肝臓ガン

 平成1111月から「幹細胞ガン」と「肝硬変」で病院で投薬を受けていました。肝臓の腫瘍は大きさが57ミリ×47ミリで、右葉に散在していました。抗ガン剤は動注化学療法でした。

 紫イペエキスを飲み始めたのは平成125月からです。「紫イペの高濃度エキス」を112粒で3回に分けて、14粒ずつを、食後30分以内に飲むようにしました。

 約1カ月後、6月上旬に変化が現れました。

 病院の肝機能の検査でそれまで81だったGOT32に下がりました。また36だったGPT16まで下がったのです。さらに7万だった血小板数が85000に増えていたのです。

 それだけでなく、腫瘍マーカーもAFP1614に、PIVKA-Ⅱが8723に、TPA13578にまで、軒並み低下していたのです。

 数値だけでなく、からだのコンディションも問題ありませんし、紫イペエキスの効果が出たものと信じています。

 

埼玉県在住 田上 穣さん(71歳)