大腸ガン

経過観察中の「大腸ガン」が予想より早く手術することができました

大腸ガン

 心臓の弁膜症と「大腸ガン」の持病があり、そのため知人に教えてもらった紫イペエキスを平成12年2月から飲み始めたしだいです。

 『紫イペの高濃度エキス』を1日12~18粒、その日の体調に合わせて飲む量を調節しています。

 紫イペエキスを飲む以前の私は、不眠と便秘で夜も眠れず、いつも安定剤を飲んでいました。食欲もなく、顔色も悪かったのです。身長168センチで体重はたったの35キロ。ガリガリにやせていました。

 紫イペエキスを飲むようになってから、からだがぽかぽかと温まり、不整脈も治まってきたようです。

 飲み始めて1カ月ほどして、少し頬に赤みが出て、あまり夜中にトイレに起きなくなりました。便秘も徐々によくなって、安定剤の世話にならなくても熟睡できるようになりました。

 大腸ガンは平成10年からずっと経過観察中で、体力がつきしだい手術する予定でしたが、なかなか手術できずにいたのです、それが、紫イペエキスのおかげで、予想よりずっと早く平成12年6月に手術することができました。

 

花山 晋さん(64歳・男性) 宮城県在住