子宮頸ガン

くも膜下出血、子宮ガン、乳ガンの疑い…。病と闘う私を救ってくれた『紫イペ』

子宮頸ガン

千葉県在住 伊藤ひろこ様(51歳)

私がくも膜下出血で倒れたのは、今から5年ほど前のことです。それ以来、めっきり体が弱くなってしまいました。くも膜下出血の薬を飲んでいたのですが、それが体に合わなかったのか、便秘と血便、不正出血などに悩まされました。
なかなか疲れがとれず、何日も寝込んでしまうことも…。自分でもおかしいと感じて病院で調べてもらったところ、子宮ガン(子宮頸ガン)が見つかったのです。
今だにひどい頭痛が起こり、くも膜下出血の再発を恐れる日々が続いていました。そのうえ、子宮ガンになってしまうなんて、とてもショックで心底落ち込みました。
それだけではありません。今度は乳ガン検査で、乳房の数カ所に石灰化した部分がみつかったのです。

そんなとき、知り合いの方から、南米薬木の樹皮エキス『紫イペ』のことを教えてもらい、平成19年の6月から飲用を開始しました。1回3粒の『紫イペ』カプセルを朝・昼・晩の3回、きちんと飲み続けました。
最初の診断では子宮ガンのステージはIIIでした。それが、『紫イペ』を飲み始めて約1年後の検査では、ステージIIに改善されたのです。
子宮には腫れがあり、乳ガンの疑いもまだまだぬぐい切れない状態です。くも膜下出血の再発も、まだまだ心配です。
そんな私にとって、『紫イペ』は闘病のいちばんの支えです。これからも飲み続けて、これらの病気を克服していきたいと思っています。

健康雑誌「はつらつ元気」2010年11月号抜粋