○ガン転移

肋膜にまで転移した肺ガンが、紫イペの飲用で改善! 驚くほど肺がキレイになり、医師も仰天

○ガン転移

 肺に無数のガンが!肋膜にまで転移した

 私が肺ガンであると宣告されたのは、平成15年の6月中旬ごろでした。長期間咳が止まらず、かかりつけの近所のお医者さんに肺のレントゲンを撮ってもらったのです。すると、肺に4㎝ほどの腫瘍があることがわかりました。すぐに「もっと大きな病院で再検査をするように」と言われ、大病院で詳しく再検査をしました。その結果が、なんと肺ガンだったのです。

 「紫イペ」は、親類がガンによい健康食品だと言うことを聞いて、問い合わせをしてくれたことで知りました。そして、告知を受けたとほぼ同時に飲み始めたのです。本当は手術前にレントゲン検査を受けたいと思っていました。手術が行われる7月上旬までに紫イペの効果があらわれ、ひょっとしたらガンが縮小しているかも…と思ったからです。でも願いは叶わず、レントゲン検査を受けないまま、手術が行われました。

 肺には無数のガンができており、肋膜にも転移していました。残念なことに手術ではすべてのガンが取りきれず、いくつかを残したままで縫合しました。

 通常は取り切ったガン細胞を培養し、どの抗ガン剤に反応するのかを調べるのだそうです。しかし、私の場合、切り取ったガン細胞に元気がなくて、培養ができなかったのです。医師に「ガン細胞がしんできたのでしょうか?」と聞いたところ、「甘く見てはダメですよ」と言われました。でも、紫イペがガン細胞を弱らせたのに違いないと、素人考えですが思っています。

 その後、担当の医師からは抗ガン剤治療を強くすすめられましたが、どの抗ガン剤が効くのかわからないままに治療を受けるのは不安でした。キッパリ断り、紫イペに賭けてみたんです。

 とはいえ紫イペを飲んでいても、声がかすれていたのがなくなったくらいで目立った変化はありませんでした。肋膜の痛みが消えるのにも、5カ月ぐらいかかりました。

 

 医師が驚くほど肺がキレイに!

ところが平成16年の1月に行われたレントゲン検査で、肺がとてもキレイになっていることが判明したのです。この結果には医師もビックリ。とても不思議がられ、「何か服用しているのですか?」と聞かれました。「紫イペを飲んでいます」と答えたところ、医師はメモをとっていました。

 肺ガンだと告知を受けてから約3年になります。畑仕事や4人のひ孫の世話をしたり、忙しいけれど楽しい毎日を送っています。近くの温泉に行ったり、子どもや孫、ひ孫たちと過ごしていると、健康であることの幸せをしみじみと感じます。紫イペに出会えてよかった!と心から感謝しています。

 

山形県在住 松田 ちえ子さん(78歳)