血液系ガン他

末期の悪性リンパ腫の進行がストップ! 体が元気になり毎日の生活を楽しむ日々!

血液系ガン他

ひどい副作用で治療が中止に!

 私が悪性のリンパ腫だと判明したのは平成207月。すでに末期の状態で、すぐに抗ガン剤による治療が始まりました。
抗ガン剤の副作用は、想像以上にひどいものでした。肺に水が溜まる、心不全、むくみによる10kgもの体重増、髪の毛はどんどん抜け落ち、爪はボロボロに…。細胞が抗ガン剤に痛めつけられていくのが、はっきりわかるのです。
そんな私の様子を見て、医師も危険だと思ったのでしょう。その後の抗ガン剤治療は中止となってしまいました。

 『紫イペ』のことは以前から知っていました。というのも私は以前に乳ガンを患い、手術をした経験があります。後に縁あって 『紫イペ』と出会い、健康維持を願って、ときたま飲んでいたのです。

 抗ガン剤治療ができなくなってしまった私は、健康食品に救いの手を求めました。医師や友人や知人から情報を得たり、本や雑誌などで調べたり、“ガンにいい”といわれるサプリメントを片っ端から試してみたのです。でも、残念なことにどれも効果はそれほど実感できませんでした。

 そんなとき、ふと思い出したのが『紫イペ』のこと。健康維持を目的に摂取していたときには11粒前後で量も少なく、飲まない日さえありました。それを改め、継続してきちんと飲んでみようと考えたのです。

 

腫瘍が縮小し、体も元気いっぱい!

 1日に24粒の『紫イペ』を欠かさず飲むようになってから、明らかに体の調子が改善してきました。まず、ひどかったむくみが消え、体重が5kgも減ったのです。不思議と体が楽に動くようになり、抗ガン剤でめっきり落ちた体力が、日増しにグングンと復活してくるのを実感。「私が探していたのは『紫イペ』だったんだ!」とつくづく思いました。

 びっくりしたのは、腫瘍が小さくなり、腫瘍マーカーが安定していること。抗ガン剤の治療もしていませんし、薬も飲んでいないのですから、これはきっと『紫イペ』の効果に違いないと私は考えています。

 私は今も、体にガンを抱えています。でも、日常生活は健康な方たちと変わらずに過ごすことができます。

 昨年は、韓国に3回も行きました。趣味で韓国語の勉強をしているのですが、その成果を試すためです。キッチンつきのホテルに滞在し、地元の人しか訪れないような食堂へ行ったり、韓国語で会話したり。とっても楽しいんですよ!今年の冬もまた、友人たちと韓国に行く予定。とっても寒いそうですが『紫イペ』を飲んでいればへっちゃらです。

 ご近所に肺ガンを患って闘病している方がいます。その人は私と違って、あまり元気ではありません。ガン闘病のつらさは誰よりも知っていますから、買い物などのお手伝いを積極的にやっています。そんな私を見て、友人たちは「とてもガン患者には見えない!」と驚いています。

 担当の医師からは「このままの状態をキープしていければ大丈夫だ」といわれ、私もそう思っています。

 無理な治療を受けて体を壊すより、『紫イペ』を摂りながらガンとつきあっていくのが、私には合っているのかもしれません。

 

神奈川県在住 渡辺潤子さん(60)