脳疾患

「脳幹梗塞」のさまざまな不快な症状が消えました

脳疾患

「脳幹梗塞」の疑いありと診断され、次のような諸症状に悩まされていました。

 

 ①歩行時にからだ全体が浮いたり沈んだりする不安感

 ②歩行時にからだがねじれるような不安感

 ③歩行時に突然からだが後方にひっぱられるような不安感

 ④後頭部と側頭部の不快な圧迫感

 ⑤腰に鉛が入ったように重く階段昇降時に気分が悪くなる

 

これら不快な症状をなんとかしたいと思っていたときに、雑誌で見た紫イペエキスを飲んでみることにしました。「紫イペの高濃度エキス」を取り寄せて、1日3回、食後に1粒ずつ飲んでいます。

 飲み始めの1~1.5ヵ月間は症状に変化はありませんでしたが、2ヵ月目に入った頃から、まずからだがねじれるような不快感がやわらぎ、その後ほとんどなくなりました。さらに歩行時に突然からだが後ろに引っぱられる感じも消え、後頭部と側頭部の圧迫感もなくなりました。とくにゴルフのラウンド中に毎ホール不快な症状に襲われるので、同伴者に迷惑をかけはしないかと不安でしたが、先日ラウンドしたときには、18ホールのうち1度だけでした。

 また、以前はお酒を飲んだ翌日に①~⑤の症状が強く現れ、1日じゅう不快感と不安感に襲われたものですが、それもなくなりました。現在は腰が少し重たいぐらいで、通勤も楽になり、仕事にも集中できます。

 いいものと出会えて心から感謝しています。ほんとうにハッピーです。

 

西山孝 茨城県水戸市(54歳・男性)

137