アレルギー・免疫系

アレルギー体質の私の手あれが、いつの間にか(3ヵ月で)きれいになっていました

 もともと私は、アレルギー体質による発疹や花粉症などがありました。アレルギーは、金属、米やもち米などと、きりがないくらいです。

 平成10年の1月初め、手あれがひどくなり、指先がひび割れて、水に触ることもできない日々が続くようになりました。そこで、以前から風邪のときに飲んでいた紫イペカプセルを、朝、昼、晩の3回に分け、各1個ずつを飲んでみることにしました。

 それから2週間ほどたって、左足に神経痛が襲いました。また、頭皮に3ヵ所と髪の生え際5ヵ所に、ニキビ状の吹き出ものができました。そればかりではありません。2月5日には、左胸にしこりを発見、すぐに病院へ行きました。診察していただいたところ、乳腺に膿がたまっているのが5~6ヵ所見つかったのです。

 3月6日は病院で再診の予定でした。しかし、足の神経痛も左胸のしこりもなくなっていたので、そのまま、病院へは行きませんでした。そして、心配していた吹き出ものも、跡が残らずに消えてしまっていました。

 手あれのほうですが、4月の中ごろになって、いつの間にかきれいになっているのに気づきました。さらにボコボコに波打っていた私のツメが、きれいになっているではありませんか。こんなきれいな自分のツメを見るのは、おそらく20年ぶりじゃないでしょうか。

 それ以来、毎日の主婦の水仕事で、手あれをしなくなりました。生まれて初めての経験です。米やもち米へのアレルギーも以前ほどではなくなったような気がします。

 

川口多津子 大阪府東大阪市(41歳・女性)