総合トップ > 化粧品トップ > 美しい肌でさっそうと生きる

美しい肌でさっそうと生きる

本当の女性の幸せって、いつまでも美しくあること


 あなたが「今日も頑張ろう」や「幸せを感じる」瞬間って何ですか?女性は1日の中で鏡を見る回数が多いですよね?その度に「シミが増えてきた」や「シワが目立ってきた」などマイナスな気分になるのはもったいない。
 最近私の患者さんで、お肌が老化してきたと言って相談にこられる方が急増しています。現代の女性は忙しく、また大気汚染、加齢などお肌へのストレスも想像以上。私も子育てと仕事をこなし、少し気が緩むとすぐお肌に疲れがにじみでてきます。

 今回、「ドクターイペア」の開発に携わったのは、私の今までの知識と経験が少しでも、現代女性を救う化粧品づくりに貢献出来ればと感じたからです。
食生活を見直したり、お手入れに時間をかけるといったアドバイス以外にも、この「ドクターイペア」のように、お肌の基礎体力をつける化粧品を手にする事ができれば、女性はどんな環境にも負けない、本当の輝きを手にする事ができるはず!

 「美しい自分をつくるのは自分だけ」輝く肌でさっそうと生きる女性が日本中にあふれるお手伝いができることが、私の喜びです。

堀 美慧院長

肌力が落ちるのをふせぐ化粧品開発

今回、私たちが小宮先生に「ドクターイペア」の共同開発をお願いするにあたり、実際に先生のお話をお聞きしてきました。
小宮先生は、現代のストレス社会により、日本の女性の美しい肌が本来の輝きを失いつつあることに、危機感を感じていると話しておられました。
同じ働く女性として、大変ためになるアドバイスもいただきました。


【有山】堀先生がこのお仕事(美容皮膚科)をされている理由は何ですか?

【堀先生】一般的に、美容皮膚科を受診される患者様は女性が多いですよね?
    でもこの業界の医師の多くは男性であるのが現状です。

【有山】お顔や美容の悩みを男性に言うのは抵抗があります。

【堀先生】そうですね。私のクリニックでも、そういった理由で来られる方も多いんです。女性同士でしたら相談しやすく、私も理解することができるので解決の糸口がみつかりやすいんですよ。

【有山】「ドクターイペア」の開発にあたり、どのような事に気を使われましたか?

【堀先生】やはりその場しのぎの効能・効果を期待するのではなく、年齢とともに失いつつある肌力をとりもどす事を第一としました。その点では、サンレックの山口社長が絶対的な信頼をもっておられる「紫イペ」は、本当に素晴らしいと思います。

【有山】「紫イペ」の事はご存知でしたか?

【堀先生】多少は…(笑)ただ、開発がすすむにつれて「紫イペ」がもつ、再生能力や保湿力など、自然の力のすごさに驚かされました。化学物質漬けの化粧品を塗り続けては、お肌は自分自身で再生する能力を失ってしまいますから、自然の成分のみを使ってなおかつ、お肌の再生を「促すドクターイペア」は、どれをとっても素晴らしい化粧品と言えるでしょう。

【有山】今後、私たちが自分の肌を守るためにするべき事は何ですか?

【堀先生】まず、言える事は情報に惑わされない事!お肌に関しても、それ以外でも、この世の中は情報があふれていますよね?その中から、本当に信頼できるもの、自分に必要なもののみを見分ける目と知識が、これからの社会で美しく生きていける秘訣となるのではないでしょうか。

ドクターイペアクリームサンプルお申込み

TOPへ戻る