子宮ガン・卵巣ガン他

出血で病院に担ぎ込まれたのは今は昔。半年でガンがなくなりました!

 今思い返しても、あのときの出血は、ぞっとするほど相当な量でした。痛みも半端なものではありません。私が救急車で病院に担ぎ込まれたときのことです。病名は子宮体ガン。卵巣が破裂してひどい出血になってしまったのです。  もちろ[…..]

初期のガン細胞が、紫イペの高濃度エキスを飲んで40日で消えていました

 閉経して20年。出血があったときは驚きました。まさか生理が戻ってきたなんてことはないと思いつつ、なぜかワクワクした気分になったものです。もちろんそんなはずはありません。検査を受けたところ、初期の子宮体ガンと診断されまし[…..]

手術もホルモン療法も紫イペの高濃度エキスのおかげでしなくてすみました

 子宮筋腫が2つできていることがわかったのは5年前のことです。おりものが多くなり、右下腹部に痛みを感じて病院へ行ったところ、そう診断されました。外側にできているとその部分だけを取り除くのは比較的容易だということでしたが、[…..]

「子宮ガン」の治療後、免疫力がつき抗ガン剤の副作用がありませんでした

 4カ月間の「子宮ガン」の治療が終わり退院しましたが、今でも紫イペエキスを飲んでいます。  平成12年7月にリンパ腺が腫れて痛くて歩けなくなり、病院へ行くと「子宮ガン」と診断されました。そしてすぐに入院することになったの[…..]

「子宮ガン」の手術後、抗ガン剤の副作用もなく、腫瘍マーカーも低下した

 平成9年の健康診断でひっかかり、「大きな病院で診てもらったほうがいい」というアドバイスで県立病院に行ってみると、「子宮ガン」との診断で、ガンが子宮の入り口から1.5センチぐらいの所まで広がっていたそうです。  結局、そ[…..]

子宮と周囲の組織を全摘出 体力が落ちることもなく血糖値も安定してきた

 平成14年8月に自治体の健診で子宮ガンの検査を受けました。毎年受けていることでしたから、特に危機感があったわけではありません。下腹部が痛いとか、出血があるといった兆候はまったくなかったのですが、細胞診の結果は初期の子宮[…..]