総合トップ > 化粧品トップ > 若肌通信

若肌通信・春のお手入れ角質と水分編

肌寒い冬が終わりを告げ、暖かいそよ風を感じる気持ち良い季節になりました。
春が訪れるとともに、メイクやおしゃれも女性にとっては楽しい時期です。
皮膚の表面では皮脂や汗の分泌も増え、
冬の間十分気をつけていた保湿が怠りがちになりますが
また、紫外線も強くなってくるこの時期は
外的刺激から肌を守ってくれる“角質層”を整える必要があります

角質層ってどこ?

肌の一番表面の部分が角質層。
皮膚に触れるものから(紫外線や
細菌など)体を守り、内部の水分が
逃げていかないようにするところです。

角質層の構造はどうなっているの?

角質層は、角質細胞細胞間脂質で構成されています。

この働きがうまく機能していれば、乾燥で肌がツッパルなんてこともなし。 しかし、うまく機能してくれないと、保湿成分が不足していることになり、 肌が乾燥し(乾燥肌)肌がヒリヒリする・赤くなる(敏感肌)になってしまいます。

肌を守る保湿成分とは?

私たちの肌を守っている保湿成分は主に3つと言われています。

水分保持とバリア機能の役割を担っている角質層を守ることが大切!!

角質層を健全に保つ最大のポイントは、ずばり水分を十分に保つこと!!

Dr.iPEAローションの特徴とは?

セラミドの皮膚浸透性を高め、皮膚細胞の水分 保持機能を最大限に発揮し、角質層から真皮近くまで浸透するローションとなっています。
紫イペエキス・EGF・ヒアルロン酸という保湿3大成分を高配合 しており、これ1本でしっとりお肌が潤います。肌の健康な状態に導くので、外からのダメージも防ぎやすくなります。

ご購入はこちらから

バックナンバーはこちら

TOPへ戻る